ペットは飼い主に似るって本当?

●犬が飼い主に似る要因:環境によるもの
犬が飼い主に似る要因として根源にあるのが、「犬は自分の運命を決められない」というところにあります。人は食べ物や住む場所、様々なシーンで選択肢があるのに対し、犬はすべてを人に委ねて生活しています。食べるもの、食事の時間、散歩の時間、歩くスピードなど・・・。ライフスタイルも人に合わせることになります。こういうことから犬は飼い主に似ると言われています。愛犬の姿はあなた自身の姿ともいえるかもしれません。

●犬が飼い主に似る要因:単純接触効果によるもの
心理学者である関西学院大学中島定彦教授の研究では、統計的に高い確率で被験者が「犬と人間の顔写真を見るだけで飼い主と犬ペアを言い当てる事が出来た」そうです。目だけを見て当てた確率が74%と最も高く、逆に両目を隠した場合の正解率は50%前後だったそうです。この結果について中島教授は「飼い主と犬が似る理由は”単純接触効果”にある」と述べています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す