ペットの代表格とも言える犬と猫 人間との関わりの歴史

野生動物を家畜化した犬と猫
犬も猫も、もともとは野生動物だったものを飼いならして家畜化したものだが、その時代には大きな差がある。犬が家畜となったのは1万5000年前ごろ。人間と犬がともに埋葬された最古の遺跡は1万2000年前のもので、イスラエルで発掘されている。犬は集団生活をするため人に慣れやすく、狩猟の際には獲物を捕まえたり、追いかけたりさせるために家畜化したと考えられる。日本においても、狩猟で生活をしていた縄文人は犬をとても大切に扱っており、縄文早期の遺跡からは、丁寧に埋葬された犬の骨が見つかっている。

これに対して猫が家畜化されたのは、穀物を栽培する生活になってからだ。保管している穀物をネズミに食い荒らされて困った人たちが、これを退治するために、猫を飼うようになったと考えられている。エジプトでは起源前4000年の遺跡から猫の骨が発掘されているから、このころには家畜化されていたのだろう。

家猫の起源はアフリカ北部や中近東から西アジアに生息するリビアヤマネコと言われているが、家犬は歴史が古くはっきりしていない。オオカミがその先祖とされてはいるが、染色体の数が同じジャッカルやコヨーテなどとも交配が可能なため、品種改良で交雑している可能性もある。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す