フェラーリV12モデル特集!第三弾「フェラーリ575Mマラネロ」

image
2002年3月のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで550の後継車種として発表。
5.75Lのエンジンを搭載すること、550から改良(伊:modificato)が加えられていることから「575M」の名称が付いた。
デザインを担当したのはピニンファリーナである。
エンジンは550のティーポF133型 5.5LV12エンジンを改良し、ボアアップしたティーポF133E型 5.7LV12エンジンをフロントに搭載する。
このエンジンは最高出力515PS/7,250rpm、最大トルク60.0kgf·m/5,250rpmで、550比では15PSの出力アップ、3.0kgf·mのトルクアップを達成している。
トランスミッションは従来の6速MTと6速セミAT(F1マチック)を用意している。
なお、575MはフェラーリのV型12気筒モデルでの初のF1マチック採用車である。
F1マチック搭載車はステアリングのパドルで変速を行う。
同年5月、日本で発売された。
価格は6速MT車が2,470万円、F1マチック車が100万円高の2,570万円であった。
2005年にカロッツェリア・スカリエッティ・プログラムに「GTCパッケージ」が追加された。
日本への導入はわずかである。
生産台数は550に比べるとずっと少なく、2005年に生産を終了し、後継車種の599GTBフィオラノにバトンタッチした。

*ウィキペディアより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す