フェラーリFR 2+2モデル特集!第四弾「フェラーリ 456 GT/GTA•456M GT/GTA」

image
フェラーリ・456はイタリアの自動車メーカーであるフェラーリが1992年から2003年にかけて生産したFR、V型12気筒エンジン搭載の2+2座席モデルのグランツーリスモである。
名称は1気筒当たりの排気量が456ccであることに由来する。
気筒毎の排気量を名称とするフェラーリ伝統の命名法を用いた最後のモデルとなった。
新世代フェラーリの尖兵として、エンジン、シャーシ、パワートレーンともに新規開発されており、後に登場した2座GTである550マラネロの設計の礎ともなった。
グレードは当初は6速MT仕様のGTのみが設定されていたが、1996年に4速AT仕様のGTAが追加された。
1998年にはマイナーチェンジが行なわれ内外装が変更され、名称が456Mと改められた。
456MでもGTとGTAの2仕様が継続された。
2003年までに左ハンドルと右ハンドル合わせて約3,289台が生産され、その内訳は456GT: 1548台、456GTA: 403台、456M GT: 688台、456M GTA: 650台である。

*ウィキペディアより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す