フェラーリFR 2+2モデル特集!第二弾「フェラーリ 365GT4」

image
365GTB/4(デイトナ)のシャシーを用いて作られた2+2バージョンは1971年に登場した365GTC/4になるはずであったが、そのスタイリングは不評で、デイトナの影に隠れた存在になってしまい、わずか2年間に500台が生産されたに過ぎなかった。
そこで365GTC/4に代わる2+2モデルとして開発されたのが365GT/4・2+2で、フェラーリの中では実用性の高い豪華なGTカーとしての役割を担う存在である。
デザインは365GTC/4と同じく、フェラーリの慣例通りピニンファリーナが担当した。
ファストバックだった365GTC/4とは対照的な、一見2ドアセダンのようなスタイルであったが、クリーンでエレガントなプロポーションを持ち、結果的に非常に長い商品寿命を保つことになった。
エンジンはデイトナと同じフェラーリ伝統の60度V型12気筒で、デイトナが365BBにバトンタッチしてからはフェラーリ唯一のV12フロントエンジン搭載車となった。
V12・4カムシャフト・6基のウェーバーキャブレターによって、最高出力は340仏馬力(デイトナは352仏馬力)であった。

*ウィキペディアより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す