フェラーリ跳ね馬エンブレムの誕生秘話

問題のフェラーリと跳ね馬の関係についてですが、この「跳ね馬」はもともと第一次世界大戦で活躍したイタリア軍のエースパイロット「フランチェスコ・バラッカ少佐」が使用していたプロペラ機のエンブレムでした。バラッカ氏が亡くなった後、バラッカ氏の両親から息子が使用していた愛機の「跳ね馬」エンブレムをフェラーリのエンブレムとして使用してくれとの申し出があったみたいです。

このエンブレムはもともと幸運を呼ぶエンブレムと呼ばれていたらしく、この申し入れを受けて、エンツォ・フェラーリは黄色の背景にイタリアの国旗をモチーフにしたデザインで「スクーデリア・フェラーリ」のイニシャルであるSとFを入れたエンブレムを制作してフェラーリのマークとして採用しました。

これが現在のフェラーリのエンブレムです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す