ニワトリの歴史

にわとりの歴史は古く、最初は東南アジアから中国南部において家畜化がすすめられたと考えられています。

少なくとも紀元前4000年頃までには、家畜として飼育が確立されたとされています。

当初にわとりの飼育目的は食用としてではなく、その美しい声や朝に鳴く声を求めての祭儀用に使用されていました。

そして闘鶏用などに飼育されていたものが、年月を経て牛や豚同様、食用として飼育が開始されたのです。

その後にわとりは世界各地に伝来し、紀元前のうちにはエジプトやギリシアに持ち込まれました。

日本ににわとりが伝来したのは、弥生時代ごろとされており、中国大陸から渡ってきました。

日本での主なにわとりの利用方法は、朝方に鳴く習性から「時告げ鳥」としての利用が主体であったと考えらています。

長らく肉類を食べることが日本では禁じられており、にわとりは神聖な鳥として扱われてきました。

そのため日本のにわとりは、愛玩動物としての歴史の方が長く、初めに鶏卵が食されるようになりました。

鶏卵が食されるようになったのは、江戸時代以降のこと。

同時代に朱印船によって チャボ や 烏骨鶏 などが日本に伝わりました。

さらにはその後の鎖国により、海外からの新品種の移入が途絶えた代わりに、日本独自の品種が数多く作られました。

明治以降には急速に家畜化が進み、現在のように鶏卵と鶏肉を食すことをメインとした養鶏スタイルが確立しました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す