トヨタ 新型 クラウン ビックマイナーチェンジ!

athlete_010s
トヨタはクラウンシリーズにダウンサイズした新開発の2.0L直噴ターボエンジンを搭載してクラウンアスリートⅡとして発売を目指している。
クラウンアスリートⅡで新開発の2.0L直噴ターボエンジンが搭載だが、すでに搭載して発売されているのが2014年7月に出た
LEXUS NX200tで、その最高出力は238ps、最大トルクは35.7kgmのパフォーマンスとなった。
トランスミッションとしては6ATが採用されておりFFでJC08モード燃費12.8km/L、AWDで12.4km/L!!
エンジンが同じなので重量やチューニングによるがJC08モード燃費も14.0km/L前後ではないかと思われる。
現行のクラウンアスリートはV6 2.5L アスリートG でJC08モード燃費11.4km/Lなので燃費アップは間違いない!!
また、最高出力や最大トルクも大幅にアップしている。
同じくダウンサイズし2.0Lターボの日産スカイラインとどちらが売れるか争われることは間違い。
発売日は2015年前半に発売される予定だ。
athlete_012s
また、今回からクラウンにG’sが投入される予定で、スポーツサスペンションを採用しボディ補強なども行われる。
G’s専用対向4ポッドキャリパー(レッド塗装/G’sロゴ付/スポーツブレーキパッド付/ベンチレーテッドディスク)
G’s専用チューニングサスペンション(フロント約20mm・リヤ約15mmダウン)
アンダーボディ剛性アップパーツ
アンダーボディ剛性アップパーツ
G’s専用オプティトロンメーター(白文字盤/G’sロゴ付)
など

また、今回のマイナーチェンジ後にはなんとFCV(燃料電池車)モデルのクラウンも開発していると言われておりハイブリッドに続く人気モデルとなることは間違いなさそうだ。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す