タバコの煙を効率良く車外に逃がす方法

最近では街中に喫煙スペースが少なくなり、タバコを吸える場所といえば自分の車の中ぐらいになってしまいました。
しかし、いくら喫煙者とはいえ車内にタバコの煙が残り続けるのはイヤなもの。
そんな時は、窓の開け方をちょっと工夫するだけで、簡単に煙を車外に逃がす事ができます。

運転席でタバコを吸っている場合

・運転席側の窓を15cm程開ける
・対角の席の窓を5cm程開ける

助手席でタバコを吸っている場合

・吸っている席の窓を15cm程開ける
・対角の席の窓を5cm程開ける

なぜこのような窓の開け方をするのかと言うと、空気は気圧が高い方から低い方へと流れていきます。
車を走らせていると車外の気圧は低くなり、車内との気圧差ができるのです。
これにより、窓の開け方を工夫する事で、車内に空気の流れをつくり煙を車外に逃がすことができるのです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す