タイヤはナゼ黒いのか?

車は様々な色があるのに、タイヤが黒一色なのはナゼなのか気になったことはありませんか?
そもそもタイヤはゴムでできていますが、ゴム自体は黒くありません。
しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、タイヤのゴムには大量のカーボンが補強素材として混ぜられているのです。
カーボンは、黒いので必然的にタイヤの色も黒くなるワケです。

近年であればロードバイクのような高価な自転車に白いタイヤをつけている人もいるため、黒いタイヤが主流になった今、かえって白いタイヤの方がオシャレだと見るむきもあります。
しかし黒いタイヤが登場した当時は、最先端の性能を持つ黒いタイヤこそが富や名声のあかしであり、高級車がこぞって装着していたそうです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す