サーバルキャットを飼おう!

image
<サーバルキャットとは>
「サーバル」とはスペイン語で「猟犬」を意味する。
日本では高級ペットとして、平均200万円前後の値段で販売されている。
ライオンやヒョウより小型で猫よりも人間になつくが、本質的には気性の荒い肉食動物なので飼うにはそれなりの覚悟が必要。

<サーバルキャットの特徴>
サーバルキャットの全身にはベンガルヤマネコのようにはっきりとした黒い斑点があり、ネコ科の中でも美しい動物と言われている。
基本的には夜行性だが昼間で気温があまり上昇しない時などは積極的に活動する。
顔の大きさに比べると、耳は他のネコ科動物に比べても際立って大きく、敏感である。
耳のほか、後ろ足も大きく発達しており、高さ2メートル、距離4メートル前後のジャンプも可能。

<サーバルキャットの飼育ケース>
サーバルキャットを飼うには危険動物の免許と飼育設備が必要。
飼育スペースはかなり広く(家一軒くらい)ないといけない。

<サーバルキャットの餌>
サーバルキャット専用缶詰が1缶1,000円くらいで売っている。
身体も猫に比べれば大きいので食べる量も多く、毎月の餌代はかなりかかる。

<サーバルキャットのふれあい方>
サーバルキャットは小さい頃から飼育すればとても良く懐く。
警戒心が強く、慣れない場所や聞きなれない音などに異常なほど反応するのでなるべくストレスを与えないようにふれあう。

*珍しいペット大集合より引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す