サルの種類はおよそ250種いる。そのうち50%は25~50年後に絶滅する可能性がある

およそ250種におよぶサルの75%が、牛の放牧、ガスやオイルの掘削、鉱山、材木の切り出しなどで生息地が破壊され、その個体数を減らしています。
そのうち半分は今後50年以内に、地球上から姿を消す可能性が高いとされています。

また現在、この世界から消えようとしているサルもいます。
中国の海南省にしかいないカイナンテナガザルは、たった28匹しか残っていません。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す