コモンマーモセットを飼う!

image
<コモンマーモセットとは>
コモンマーモセットはヨーロッパでは古くからペットとして飼われていた。
日本でも、リスザルに次いで、ペットショップでよく見かけるサル。
コモン・マーモセットはベタベタと甘やかす飼い方は向かないので、猿が野生的なペットであることを理解し、猿という生き物の賢さや神経質さを理解できる人が飼うことをすすめる。

<コモンマーモセットの特徴>
コモンマーモセットの耳には白く長い房毛が生え、体色は灰かっ色。
尾には輪状のしま模様がある。
頭は黒っぽく、ひたいに白い斑点がある。
子どもが生後1か月になるまで、父親は子どもを背負って育て、母親は授乳するときにだけ子を抱く。
コモン・マーモセットは寒さに弱いので、冬場はホットスポット以外の温度管理も必要。
木の上で生活し敏捷性に優れている。

<コモンマーモセットの値段>
30万~50万円くらい。

<コモンマーモセットの飼育ケース>
コモンマーモセットのゲージは、市販されている猫やオウム用などのケージで大きめの物を選べば良い。

<コモンマーモセットの快適温度>
コモンマーモセットは置かれた環境にそこそこ適応していく能力があり、適温は幼い頃からの飼育環境に大きく影響され、その用意された飼育環境によってはかなり飼育温度(適温)に幅を持たすことは可能。
気温が高い時には風通しの良い場所の確保、直射日光をさけられる、きちんと水分補給ができる等の場所や手段を絶対的に用意する必要がある。

<コモンマーモセットの餌>
コモンマーモセットは食が細い子が多いので、十分な栄養をとらせる為にお猿さん専用フードを与えるなどして栄養バランスをとる。
お猿さん専用のフード、野菜や果物を中心に与え、昆虫、肉、卵、肉類、ミルク等の蛋白質を与える。
たんぱく質を補給するために昆虫類やミルワームなども与える。
新鮮なお水は常時飲めるようにしておく。

<コモンマーモセットのふれあい方>
コモンマーモセットは知能が非常に高いため、無理に触ろうとしたり、つかまえようとしたりすると、その後は警戒され、コミュニケーションが取れなくなる可能性がある。
ならすためには、怖がらせないよう少しずつ接し、信頼度を高めていくのがよい。
なれれば手に乗せることもできるようになる。

*珍しいペット大集合より引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す