クルマの「♪キンコン」いつ消えた? 速度警告音が聞こえなくなったワケ

かつてのクルマは、高速走行時に「♪キンコン♪キンコン」と警報音が鳴りましたが、それはいつ、どうして鳴らなくなってしまったのでしょうか。

「カローラ」ではいつから鳴らなくなった?

記者が子供のころに乗っていた家のクルマでは、高速道路を走っているときに「♪キンコン♪キンコン」というチャイムのような警報音が鳴っていました。
しかし、クルマを買い替えるにつれ、この音はいつの間にか聞こえなくなりました。
この速度警報音、いつから鳴らなくなったのでしょうか。

昔の「カローラ」は「♪キンコン♪キンコン」という音が鳴っていたのでしょうか。

カローラのような普通自動車では速度が100km/h以上、軽自動車は80km/h以上になると警報音が鳴るように設定されていました。

いつから鳴らなくなったのでしょうか?

法規制が撤廃されたことを受け、1987(昭和62)年5月に発売した6代目「カローラ」から廃止しました。
ただしこのときはオプションで設定できるようにしました。

なぜなくなったのでしょうか?
法規制撤廃が理由ですが、輸入車メーカーからの反対と、警告音が眠気を誘導する可能性があることから、安全対策上の観点からも撤廃されたと聞いています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す