オマキザルのオスは、メスを惹き付けるために、自分の体に小便をかける

オマキザルのオスは、自分の手に小便をかけて、それを体毛に塗る習慣があります。
これは匂いの強い小便の香りを毛にまとわせることで、メスに自分が独身であることを伝える役割があります。

成体のオマキザルの尿には、男性ホルモンが含まれており、これがメスをひきつける要因となっているようです。
なので、子どもの尿を毛に塗ったとしても、メスが反応することはありません。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す