エコタイヤは滑るも、今では非常識に

かつては、「エコタイヤは滑る」というのが常識でした。
というのも、燃費志向のタイヤの開発は、転がり抵抗を低減することからはじまります。
転がり抵抗が低減は、グリップ力の低下ということなので、エコタイヤ(低転がり抵抗タイヤ)はグリップ力が劣る=雨の日に滑りやすくなるということなんです。
さらに、ウエット路面は温度が低いです。
初期の低転がり抵抗タイヤ(エコタイヤ)は、タイヤゴムの変形による発熱を抑えることで、転がり抵抗の低減をはかっていました。
なので、ウエット路面のように路面温度が上がらないところでは、ますますグリップ力が下がってしまい、低燃費タイヤは雨ですべるという「常識」ができてしまったんです。

けれど、現在は、エコタイヤ=雨の日に滑るは、「非常識」となっています。(雨の日でもエコタイヤは滑りにくくなっています)
「A-a」(Aは転がり抵抗性能、aはウエットグリップ性能を表しています)などと示されるタイヤラベリング制度が制定されると、各タイヤメーカーは、低転がり抵抗とウエットグリップ性能という相反する性能の両立に力を入れ、新技術を次々と開発しました。
その結果、低転がり抵抗と高いウエットグリップを両立して、雨の日でも滑りにくいエコタイヤが生まれたんです。
このように車の世界にも、昔は常識だったことが、今では非常識となったことがたくさんあります。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す