なぜ日本仕様の輸入車は、ハンドルが右でもウインカーは左のままなの?

日本車は、ハンドルの右側にウインカーがついています。
一方、左ハンドルの輸入車は、ハンドルの左側にウインカーがついています。
そして、日本仕様の輸入車(右ハンドルの輸入車)も、左側にワイパーがついています。
そのため、日本車から輸入車に乗り換えた人のなかには、「ウインカーとワイパーを間違えて押してしまう」なんて失敗、1度や2度はあると思います。
そもそも、ハンドルは日本仕様の右になのに、ウインカーは左のままなのは、なぜでしょうか?
「ハンドルを右に変えるのと一緒に、ウインカーも右に変えればいいのに」と思いますよね。
この理由は、国際的な規格のISO(国際標準化機構)で、「ハンドル位置に関わらず、ウインカーは左側、ワイパーは右側」と規定されているからなんです。
ISOに準拠している輸入車は、右ハンドル車でもウインカーレバーは左側になっているというわけなんです。
では、日本車は、なぜ右ウインカーなんでしょうか?
日本車は、日本独自の規格のJIS(日本工業規格)に沿ってつくられているからです。
JIS規格では、「ウィンカーは右側」と規定されているため、日本車は右ウインカーなんですよ。
つまり、ISO規格を優先して規定に準拠しているメーカーは日本仕様の輸入車でも左ウインカーのままで、JIS規定を優先している日本車は右ウインカーとなっているんです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す