なぜ、新しい問題のないタイヤでも空気が減っていくのか?

タイヤは、どのような物でも月日が立つと空気が抜けていきますよね。

ところで、なぜ空気が抜けるのか?

これは、タイヤのゴムにある小さな穴が関係しています。

ミクロサイズではありますが、たくさんの穴が開いているんです!

また、「確実に空気は減っているのに、なぜ空気圧が減ったりしないのか?」と、疑問に思われたことがあるかもしれません。

これは、気温の影響です!

空気は温度が上昇すると膨張します。

例えば、春にきちんと空気を入れたタイヤがあるとします。

1.ミクロサイズの穴から1ヶ月で5パーセントの空気が排出されていると、言われています。
2.春から夏にかけて、気温はどんどん上がっていきます。
3.だから、毎月5パーセント減っているはずなのに、タイヤの空気圧がさほど減らないのです。

※空気が減っていないようなら、逆に空気圧がもの凄く高くなるので危険とも言えます。

暖かくなっていく時期はいいですが、寒い時期になると、今度は膨張していた空気が元に戻ります。

毎月減っていた分を合わせると、大きく空気圧が減ってしまうことになりますね。

この性質を理解すると、夏が終わり涼しくなってきたら、空気圧をしっかり確かめる事が大切だと分かります。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す