なぜ、「イヌ本」より「ネコ本」のほうが売れるのか?

子猫
イヌとネコといえば、ペットの両雄。
当然、イヌに関する本、ネコに関する本は多数、出版されているが、イヌ本とネコ本では、どっちが売れているのかというと、断然、ネコ本である。
その理由として、業界でマコトしやかにいわれているのが、被写体としてみた場合、ネコの方が本向きだということである。

いつの頃からか、年末になると書店ではイヌやネコのポスターが売られるようになったが、どっちのカレンダーが売れているかというとこれもネコ。
で、おもしろいのは、カレンダーの大きさによって両者の売れ行きが大きく違う点である。
大型のカレンダーはネコはイヌの1・5倍程度の売れ行きだが、小型のカレンダーになると、ネコのカレンダーはイヌのカレンダーの3倍も売れる。
これは、体の小さいネコは、小さなカレンダーでも収まりがいいが、セントバーナードなどの大型犬もいるイヌでは、イマイチ迫力に乏しい。
さらに室内で飼うネコは、カレンダーとして壁にかかっていても不自然ではない。同じことが写真集にもいえ、よって、ネコ本のほうが売れるというわけだ。

*ricoh communication clubより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す