「身体の警告音」=生かされている意味さがし(73)

73 身体の警告音=生かされている意味さがし(73)

「還暦」という言葉は他人事のように思っていましたが、来年が六十歳ということなので、既に周りからみれば「還暦のじいさん」であります。

いつも、自分の脳の指令や、思考回路は四十歳前の壮年期に届くか届かないかのレベルだと思っているのですが、相反して長年仕事にかまけて体力維持に時間を割かなかった身体の方はボロボロになりつつあります。

ですから最近、あまりにも身体からの警告音が多すぎるように感じるのです。手足の先や関節の痛み、頭痛、内臓の安定しない調子、視力の低下、口腔の衰え……。

健康志向の現代は、新聞テレビなどで気にもかけなかった! というより知らなかった病気や疾患の話題で溢れ返り、逆に自分の身体の変調に対して過敏にさせられることになります。

生活習慣の見直しやサプリメントの摂取なども、もはや食事どころか、洗顔、歯磨き、排尿・排便と同様に日常のルーティンになってきています。

それでも、「病」は忘れずにやってきます。生きて、老いたら逃れられない宿命でもあります。ちゃんと向き合わなければいけないのに、出来れば、避けて目をつむって通り過ぎたい関所でもありますね。

若い頃に考えもしなかった身体の痛みや身体の老化に、今後の自分を考える時間が多くなったようにも思うのです。

さて、これから試されるのは、老後を目の前にして、「年齢と身体に適った自分の生き方」ができるかどうかです。「若い若い」とおだてられて、「よし、昔に戻ってテニスクラブでも通ってみよう」とか、「東京マラソンでも挑戦してみようか」と考えて実践すれば必ず身体が悲鳴をあげてしまいます。

逆に、「無理せず身体を労わりながらゆっくり生きていこう」と考えると、当然老化は加速していくでしょう。

003難しいところですが、身体の変化を意識しながら、「寝たきりにならない健康の維持」について最大の努力をする時期が来ています。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す