「節約して生活を楽にする」=生かされている意味さがし(56)

56 節約して生活を楽にする=生かされている意味さがし(56)

これは無理な話です。

一度、築いた生活のレベルは落とすことは出来ません。精神力の強い方は出来るでしょうが、普通の人には容易ではありません。

生活のレベルを落とせないから、ローンを借りてその生活を維持しようとしたり、犯罪に手を染めては人生そのもののレベルを落としてしまいそうです。

じゃ、努力しないで生活を楽にする他力本願の手法はあるのでしょうか。

一つは宝くじ。当たれば労苦の無かった分、とても楽に人生を送ることができます。ただ、可能性がいかんせん低い。

もう一つ、生活のレベルを落とさない代わりに、余計な支出を抑える。無駄に出費をしない。

これも難しいなぁ~。

今どき、「太陽光発電(売電)で家のローンが払えまぁ~す!」なんてCMもあって、JARO(日本広告機構)に相談してみよう! と思うくらい。普通の家のローンに太陽光パネルの多額な設置費用が加算されることが明示されていません。

太陽光パネルの設置費用分のローンを十年位売電料金で賄う! というのは理解できますが、家本体のローンも返済できるなんて少し過大広告のような……。

そうなれば、太陽光を付けたハウスメーカーの建売住宅はただ同然で販売できそうですね。太陽光パネルの償却が終わってもその数倍の年月のローンを組んで月々の支払を抑えれば、数年はそういうロジックも「あり」かも知れませんが、ちょっとねぇ~。

もう一つ、「このエアコンで年間○○円の節約!」というフレーズ。

これもよく聞きますねぇ。天邪鬼の私は、時々「ヤ○ダ電気」や「ケ○ズデンキ」で、節約家電を買ってコールセンターに電話したり、メーカーに投書しようと思ったりします。

「月額○○円節約できるエアコンと冷蔵庫とテレビと、LED電球に替えて、洗濯機も電子レンジもついでに入れ替えた。節約できる合計額が○○円で我が家の電気料金を超える額になるけど、タダにならないのはどうしてですか?」って……。

こういう発想をするから周りの人間に呆れかえられてしまいます。(笑)

つつましく生きる! というのは簡単な事ではないのです。

003 したがって生活が楽になることはないのです。生活はその人が産まれてから作り上げてきた「財産」ですから、「減らす」ということはできないのです。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す