「社会人にはなったけど」=生かされている意味さがし(67)

67 社会人にはなったけど=生かされている意味さがし(67)

「社会人」にはなったけど、「大人」にはなっていないかな?!

近年の若者に対する率直な感想です。前述の想像が出来ない人達と同じで「教育」という議論に含まれるのかも知れません。

ビジュアル的にはタバコも吸えるし、酒も飲めるし、お化粧をしてドライブにも出かけ、好きな映画やコンサートに行って、女子会で立派に評論したりしています。

でも、一人になってアパートに帰ってくると、片付けが出来ていない部屋があり、キッチンは料理をした形跡がないにも拘わらず、シンクの中は洗っていない食器だらけ。トイレの便座の裏は汚れがこびりついている。いやいや、「今日はシャワー浴びずに寝よう!! あっ昨日もお風呂に入らなかったっけ……」

寂しいから、頻繁にメールやラインをするけど、そのスマホやアパートの家賃も学生時代の延長で親から仕送りしてもらっています。

自分の生活を自分自身で完結できていないのです。その意欲も元々持ち合わせていません。だから、社会に対する責任も自分自身に対する誇りや尊厳もありません。

我慢はしたことがないから初めて就職・就業という壁にぶち当たって、簡単に砕けてしまいます。就職三年以内の離職率が物語っていますね。

「生きていくことの大切さ」なんか学んだことがないから、人生の深淵を覗くこともなく、上辺の見てくれの良い生き方を選択してしまいます。質素な、いや清楚な生き方なんて出来ません。

でも欲望は抑えられませんし、みんなと同じことがしたいと思っています。同じ格好をしていたいと考えます。ふわふわして楽しい生き方が大好きです。

そういう世界に包まれていたいと思っているのです。「今が良ければいいのさ」……という感じで。

たぶん、こういう価値観を持っていて、それが許される環境に社会は「日本」だけのような気がしています。

003「大人のいない将来の日本」が不安でなりません。

そして、この文章を打っているときに「十八歳の選挙権」の報道がありました。もっと不安になりました。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す