「父を叱ってしまった!」=生かされている意味さがし(80)

80 父を叱ってしまった!=生かされている意味さがし(80)

お化けのような親父の話の続きです。

今日、来年春(二七年五月)に米寿を迎える実父に手紙を書きました。父親の家は近所で、私も頻繁に会いに行っていますが、相変わらずの一人暮らしをしています。

仏壇も、父親の専用のキッチン・トイレ付の部屋も用意している我が家には住まず、好んで一人暮らしをしています。買い物、食事、洗濯も自分一人でこなしているし、買い物も未だ自家用車を乗り回して市内のスーパーをハシゴしています。

父親の手術については、前ページのとおりですが、昨年発覚した大動脈瘤の手術と、心臓の弁の入れ替えという大手術もなんなくこなし、今も普通の生活をしています。

今回は、昨年まで鉄工所にも勤務していた父親に、思わず手紙を書いて苦言を述べたのです。

戦前、戦後と成人する前から大きな製造業の会社に勤め、六十才の定年まで働き、その後は伯父の会社の工場長として働き、さらに伯父の会社の下請けの会社に昨年まで勤めていたのです。

生粋の職人気質で今もそれが抜けません。私の性格とは正反対です。

手紙を書くこととなった理由は、定年で自由奔放となり、さらに手術で元気になり、年金・蓄財も潤沢なことから、色々問題も起こすのです。それを戒める手紙でもありました。

スーパーの店員さんを捉まえては品物を手に取り、「これは本当に美味いのか?」と聞きます。レストラン(洋食屋)に来て、「この店は漬物も置いてないのか?」と見下した言い方をします。店主の前で、「こんな在郷(いなか)の店にしては、まぁまぁのものを出すなぁ」と評価します。

孫が気を遣って家を訪ねると、「食費がないのか?」と半分本気で半分冗談を平気で言います。休日にドライブに誘わないと文句を言いますが、ドライブに誘って家を訪ねる時間が一分でも遅れると、「俺はもう家で寝てテレビを観てる」とドタキャンします。

なんとも我儘を絵に描いたような父親なのです。年齢も加味して百歩譲って我慢もしますが、昨日は流石に堪忍袋の緒が切れて手紙を書いてしまったのです。

もう少し辛辣な問題もありましたが、ここは父親の名誉のためにも伏すこととしますが、呆れ返らんばかりの日々です。痴呆ではないところがまた厄介な部分でもあります。

しかし、実の子ども(私)から、日頃の生活や生き方をたしなめられるような手紙をもらった父親はどう思うのでしょうか。素直になるか、意固地になるか、はたまた絶縁されるか……。

人生の先輩に対して後輩が物申すというのは、少し出過ぎた感もありますが、人生を振り返っても、生き方を「顧みる」ということがなくなった親には、いい薬かも知れないと思ったりもしています。

私は、遠方にいる子ども達や、近所に嫁いだ娘にも手紙を書くことがあります。父親として面と向かって言えないことは手紙で書くことにしています。

メールでも伝えることはありますが、父親として尊厳を持って伝えるべきは、「書面で!」との信念があり、子ども達に送りつけるのです。

今回のことで、ふと思ったのですが、自分の事を棚に上げて生き方を諭している自分が、いずれ子ども達から、「親父へ!」という自分宛の苦言の手紙を貰うことになった時の気持ちを考えたのです。

003今は、まさか? と思っていても、そのうち社会性が欠如した自分に、子ども達の叱責があるのかと思うと、少々、父親にも悪かったかな、と反省もしているのです。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す