「感謝の心は意識して言葉に」=生かされている意味さがし(87)

87 感謝の心は意識して言葉に=生かされている意味さがし(87)

とある知人の女性が、「今日は夕飯をつくらない! ボイコットする!」と話していました。「また、突然に何故?」と聞くと、「昨日の夕食も含めて、自分が食事の支度をすることが当然のようになっていて、出来ていなければ『まだか?』というような感じで、出来れば自分を待たずにサッさと食べ始める。感謝の気持ちもない……。切なくなる」と言うのです。

普段から、そういう状況はあるでしょうし、ことさら今この場面で怒っても何の解決にもならないと思うのですが、よほど腹に据えかねたらしいのです。「よくあることだよ!」と私の変な同情がさらに火をつけてしまったのかも知れませんが、結局、どうしたのかは聞くこともしませんでした。

どこの家庭でも日常垣間見る夕食時の光景でもあるのですが、家庭の団欒を楽しみにしている主婦にとっては「我慢も限界」という日もあるでしょう。

家族にしてみれば妻や母親の家事は半分当然で、半分感謝の気持ちがあったとしても、日々「ありがとう!」などと言う訳でもなく、一年まとめて「妻(母親)の誕生日」と「母の日」にメッセージを伝える! というのが大半の家庭かも知れません。気持ちをダイレクトに伝えられない日本人の性格(おくゆかしさ?!)でもありますね。

昭和四〇年頃、高度成長期に乗り遅れまいと各家庭でも共稼ぎ世帯が激増し、家庭の環境も大きく変わっていきました。

我が家も、共稼ぎ家庭で、朝はバタバタとそれぞれが忙しく動き回っていました。

父親は、母親の忙しさを見かねて部屋中の掃除をしていました。母親は朝食、弁当づくり、洗濯もあり大変です。子どもは外の玄関掃除が終わると、今日の授業の教科書をランドセルに詰め込んで、宿題のやり残しがないか、勉強部屋(今のように<子供部屋>とは言いません)でアタフタしています。

この時点では、父親(夫)は母親(妻)を労わり、「善意」での朝の掃除をしていることになります。ところが、このことが常態化してくると「日課」になり、「義務」になってしまいます。

母親は、時に二日酔いか何かで掃除をしない父親に、「どうして掃除をしないの?」と怒ったような口調で問い質すことがあったのです。そう、初めは「善意」だったのです。男女協働参画のご時世では、そういう考え方自体がナンセンスかも知れませんが、戦後の家父長制度がまだ続いている時代ですから、「善意で始めた掃除がたまにサボったことで何故怒られるんだ?」という不満が芽生えてしまうのです。

今の我が家も同じです。朝の風呂掃除を自分がやった、やらないで一瞬雰囲気が悪くなります。最初は共稼ぎの善意から始めたことが義務になりつつある。危険ですねぇ~。(笑)

夕飯の話に戻って、知人の女性はご主人と順番で夕食を作ろう! と提案している訳ではありません。ただ、そういう努力を認めたり、言葉にして欲しい! という思いと、食事を一緒に食べる! という気遣いを感じたいだけなのかも知れません。

家族としては、やはり「ありがとう!」なり、「一緒に食べよう!」なり、「美味しかった!」という声掛けや気持ちの表し方は必要だと思うのです。

感謝の気持ちは「言葉」にして初めて相手に通じるものです。たった一言でお互いの気持ちが緩むのなら、意識して発信するよう心掛けなければならないと思うのです。

とは言いつつ、その女性にこんなコメントを付け加えました。

「私なら、カレーを作り、家族が食べる分だけ小分けして胡椒を一瓶入れる。自分には普通のカレーを盛り付け、一緒に平然と食べ始める。『ギャ~ッ! ゲェ~ッ!』と言われたら、『私の有難さが分からないから天罰よ』とでもいいながら高笑いするんだよ」

003 これもあまりいい方法じゃありませんけど、上手く笑いに替えられたら、翌日からは「楽しい団欒」が待っていると思うのです。

何事も、周りへの配慮と感謝が一番大切だと思うのです。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す