「世の中“カネ”かなぁ~」=生かされている意味さがし(62)

62 世の中「カネ」かなぁ~=生かされている意味さがし(62)

お天気に恵まれた日は、妻や孫、米寿の父親を連れてドライブに出掛けます。

一人のドライブや妻と二人だけのドライブの方が気が楽なのですが、普段気にかけていても何もしてあげられない父や孫へのサービスも大事な休日の仕事の一つです。

ただ、一時間も経たないうちに、「俺はもう帰る」と言い出したり、渋滞で、「金を払っているのに(車が)動かないのは怠慢だ」と高速道路の会社に文句を言い始める父には愛想が尽きますし、我が愛車の中でジュースやお菓子をこぼし続ける孫にも笑顔が途絶えてしまうことがあります。(笑)

さて、今日は久しぶりに夫婦でのドライブ。他に気を遣う人間がいないので妻もゆったり助手席でくつろいでいます。

昨日、思いつきで当日予約した安い温泉宿を出発して、長野の善光寺の御開帳と天秤にかけた結果、軽井沢のアウトレットモールでのショッピングを選択しました。上田から、小諸、浅間山の麓の緑を満喫しながらのドライブです。

アウトレットモールは、メーカーのブランド品などを百貨店などより低価格で販売するアウトレット店舗を一箇所に集めモール化したものの総称です。近年、全国各地で整備され、近県からも集客できる広域ビジネスの代表格です。

御殿場やりんくう、佐野、木更津、酒々井などがテレビでよく紹介されていますね。

混雑をさけて開店三十分前に駐車場に入り、スタバでコーヒーブレイクの後、広大なショッピングモールを見学?!です。

これだけの人が良く集まるものだと感心しながらも、二つのことが頭にありました。

一つは、毎回百貨店での買い物でも気持ちが萎えてしまうのですが、「結局、懐が寂しいと何を見ても楽しくない」という気持ちになるのです。目的があって、お金があるからショッピングは楽しいわけで、買えもしない、買うことの出来ない高嶺の花を見ていても、財布が薄ければ見比べたり、店員さんと交渉する楽しみもありません。

家で「ニッセン」のカタログを見ているのと同じ感覚です。私のような貧乏人はもともと来るべきところではなかったと反省もするのです。

さらに、「このブランド品が安い」というイメージが湧きません。百万円のバッグが五十万と言われても、だったら一九,八〇〇円のバッグの方に目がいきます。

もともと他人のバッグを見てもブランド名が分からないので、「あの人、お金持ちなのになんで本革のバッグじゃないんだ?」とまったく現代の価値観に追いついていない自分がいます。

もう一つ、裏日本いやいや日本海側の妬み(ねたみ)に近い考えが浮かびます。年間通じて賑わうアウトレット。店舗以外にもいろいろな仕掛けやアイテムがあって飽きない空間があります。

雪国では、冬場の降雪を考えれば屋外のアミューズメントは三分の一から四分の一の季節で制約を受けることになります。

また、降雪や除雪のために本来の景観を損なうような設えも必要です。いつも心の底にある「日本海側(雪国)は不利」という言葉が浮かんでしまうのです。

商圏人口は顕著で、圧倒的に人口密度の少ない田舎では集客も不利に働きます。少子化、高齢化に加えて、若年層が相変わらず都会へと流れていってしまう地方は、アウトレットをつくることも行くことも容易ではないのです。

003 あまり安くない商品(と思う)をウインドゥ越に見るだけのアウトレット探検は二時間で終了となりました。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す