「おから」は犬に適した食べものか!?

おからは、豆腐を作るために生じた大豆の搾りかすですが大豆に含まれる蛋白質の20%、脂質の25%がおからに残り、またカルシウムや食物繊維が高いのが栄養特徴です。
その食物繊維の多くは便通を促進する働きのあるセルロースですが、オリゴ糖といわれる腸内で善玉菌を増やして腸内環境を改善する働きがある食物繊維も含まれています。

一方、テンペは大豆を発酵させて作った食品です。
つまり一般的なおからが発酵食品ではないのに対して、テンペは発酵食品ということになります。
おからが食べてから腸内で発酵するのに対して、テンペはあらかじめ発酵したものを食べるのです。
なぜ、テンペは発酵させてから食べるのか?それは発酵させることにより大豆中の栄養素が微生物や酵素により分解され栄養として消化吸収され易い状態になるからです。
牛乳にお腹が弱くても、ヨーグルトは大丈夫なことがあるのはこういった原理によるものです。
ところが、その栄養を狙っているのは様々な微生物も同様です。
分解されればされるほど活動に必要なエネルギーを得るといった結果になります。
栄養は欲しいけど微生物による悪影響は避けたい。これをかなえるのが「乾燥」という方法です。
高熱による乾燥では微生物を死滅させ、かつその働きを活性化させる酵素の働きを制限します。
その結果ある程度発酵した状態から、さらに発酵しないようにコントロールできるのです。
肉食動物は腸管が体長比に対して短いため、過剰な発酵は腸内環境を乱す結果となります。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。
身体に適した種類の食品と食べ方が重要であることはこのことからも伺えます。

以上のことから考えると、一般的な「おから」を直接フードに混ぜることは、その量にもよりますが肉食動物にとってはデメリットもあるのだという認識が必要なようですね。
よく、「フードにおからを混ぜて与え始めたら体重は減ったが、下痢になった」などというのはこの典型的な結果です。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す