「あとがき」=生かされている意味さがし(97)

97 あとがき=生かされている意味さがし(97)

いかがでしたか?

実は、人生の中で「思想」とか「宗教観」というものを真剣に考えたい!考えをまとめたい! と若いころから思っていました。

一方で、この手の話はともすると哲学的な土台があっての考察となるでしょうし、生きてきた経験のなかで摑み取るものもあるので、そう簡単な作業ではないと思っていました。

なによりも、「思想とか宗教を軽々しく口にする」というのは、知人・友人を激減させることにもなりそうですし、多神教かつ仏教を崇拝する日本人としては、一つの宗派・崇拝者を選択しなければならないような窮地に追い込まれる要因にもなります。

やはり自分としては、盆と正月に神棚に向かい、クリスマスを堪能し、富士山のご来光に畏敬の念を抱きたいのであります。

この「筋の全く通らない宗教観」がまた日本人らしいと思いますし、その曖昧さがとても私の身体にフィットするのです。

結果として、神様・仏様も大事。教えも大事。でも「自分がもっと大事」という我が儘な究極のエッセイのような仕上がりになってしまいました。

予想されていたことではありますが、やっぱり、出来もしないことに挑戦するというのは、身の丈を知らない愚者にほかなりません。

と言いつつ、好きな事を書いたこの本を読んでみたみなさんが、「まぁ、分かる部分もある」「そうそう、そういうこと」と、首を縦に二つ三つ振ってくれれば儲けもの、という力の入れ具合での完成品です。

003一服の清涼剤として読んだあとはブックオフに持って行って頂ければ、五円か十円位にはなるかもしれません。

感謝

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す