柏崎のイベント情報

  • イベントが見つかりませんでした

ジャガーのエンブレムの由来

名前の通り、エンブレムにジャガーを使用しているのがこちら。ウィリアム ライオンズとその友人によって1923年に設立され、当時はコーチビルダーとして自動車を手がけていました。その後1945年にジャガーと社名を変更。これは同社が1935年に製造して大ヒットを記録したジャガーというモデルに由来しています。

猫科でヒョウの一種であるジャガーの敏捷性や運動能力の高さ、そしてスマートなスタイルからジャガーという名前がモデル名となり、ついにはメーカーの名前にまで起用されたのです。そんなジャガーの躍動感をあらわしたボンネットマスコットや顔がエンブレムとして使用されています。

子猫を迎える準備をしましょう!

昔は放し飼いが多くみられましたが、交通事故や伝染病など危険が多い現代では室内飼いがおすすめです。
猫が快適に暮らせる環境を整えることができれば、室内だけでも充分心地よく暮らせます。外の景色が見える窓、高いところで休めるスペース、ひとりで隠れることができるスペースなどを想定して部屋作りをしましょう。
子猫は好奇心旺盛でとても身軽ですから、走り回ったり、ジャンプしたり、いろんなところに登ったりします。あらかじめ、壊れやすいものは片付け、倒れやすいものは固定するなど、事故のないように対策をとっておきましょう。

プジョーのエンブレムの由来

世界最古の量産自動車メーカーとして知られるプジョー。もともとは自動車ではなく金属製造業を生業にしており、同社の自転車やペッパーミルは現在でも有名です。

そんなプジョーのエンブレムにはライオンが使われていますが、これはプジョーが自動車生産を始めるより前の1857年に考案されたマークです。当時、製造していたノコギリや刃物などの品質の高さをあらわしたデザインだといわれています。その後、1933年ごろから本格的に自動車のボンネットモチーフやエンブレムとして使われるようになります。

このライオンは時代によってカタチを変えており、第2次大戦中には(ナチスへの抵抗の意味を込めて)右を向いていたこともあるそうです。

猫を選ぶときの注意点

純血種の場合はそれぞれ特性があり、性格にも違いがあります。 運動量が多い活発なタイプや温和でのんびりとしたタイプなど、あらかじめそれぞれの特性を参考にして猫種を選ぶようにしてください。
特に長毛種の場合はきちんとしたグルーミングが必要ですから、毎日その時間を持てるのかどうかも選ぶポイントとなります。
また、捨て猫の場合は病気や虚弱体質の可能性もあるので、保護した捨て猫を新しい家族として迎える場合は、早めに動物病院の診察を受けて、必要な場合は治療を施してもらいましょう。

シトロエンのエンブレムの由来

ダブルシェブロンと呼ばれる、矢印が上下に2つ並んだシトロエンのエンブレム。こちらのデザインは、創業者であるアンドレ シトロエンが生み出したV字型の歯車(ヘリカルギア)をモチーフにしています。

シトロエンはこのヘリカルギアで財を成し、シトロエンという自動車メーカーを創業したという歴史が。そのため、彼の原点であるヘリカルギアをブランドのロゴマークにしたのです。