柏崎のイベント情報

  • イベントが見つかりませんでした

ウサギの飼い方

病気やケガ

うさぎを飼い始めたときは健康でも、生き物なので病気やケガをすることもあります。
その際は適切な治療を動物病院で受けさせてください。
最近は、うさぎも入れるペット保険があります。

フェラーリ跳ね馬エンブレムの誕生秘話

問題のフェラーリと跳ね馬の関係についてですが、この「跳ね馬」はもともと第一次世界大戦で活躍したイタリア軍のエースパイロット「フランチェスコ・バラッカ少佐」が使用していたプロペラ機のエンブレムでした。バラッカ氏が亡くなった後、バラッカ氏の両親から息子が使用していた愛機の「跳ね馬」エンブレムをフェラーリのエンブレムとして使用してくれとの申し出があったみたいです。

このエンブレムはもともと幸運を呼ぶエンブレムと呼ばれていたらしく、この申し入れを受けて、エンツォ・フェラーリは黄色の背景にイタリアの国旗をモチーフにしたデザインで「スクーデリア・フェラーリ」のイニシャルであるSとFを入れたエンブレムを制作してフェラーリのマークとして採用しました。

これが現在のフェラーリのエンブレムです。

ウサギの飼い方

飼主の責任

うさぎを飼い始めたら決して捨ててはいけません。
最後まで責任を持って一生面倒をみる必要があります。
引越しや転職、転勤、結婚など生活環境が変わる様々な要因があります。
うさぎは一人では生きていけません。

フェラーリの生みの親、エンツォ・フェラーリ氏

フェラーリと「跳ね馬」の関係を探っていくためにはまずフェラーリの歴史を振り返ってみる必要がありそうです。

フェラーリはイタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー。

前身は創立者であるエンツォ・フェラーリとその友人によって1929年に設立された「スクーデリア・フェラーリ」。もともとはレーシングドライバーや工作機械の製造をしていましたが第二次世界大戦後、主にレーシングカーの開発を手がけるようになり、それが現在の高級自動車メーカー「フェラーリ」としての地位を確立させることにもつながります。

リスはペットとしてなつくの?

春先にペットショップでリスの赤ちゃんを見かけると、かわいさのあまりすぐに「飼いたい!」と思いがち。でもメジャーなペットでないので情報が薄く飼育するのに心配なことがいっぱいになりますね。

全種類のリスに当てはまる訳ではないですが、基本リスは単独行動しています。それなので縄張り意識と自己主張が強いです。気質は穏やかですが複数で飼育する場合同じケージでは喧嘩をすることが多くあります。繁殖目的でないのであれば単独で飼育をおすすめします。

手乗りリスを目指すならあかちゃんの頃から育てるのがポイント。赤ちゃんリスは未熟のためペレットなど食べられないので、ミルクや補助食を与えます。その時に手から与えるので視覚のいいリスは「これはおいしいものをくれるもの」と認識し人の「手」に懐くのです。
それなので成長してからも手に乗ったり、肩に乗ったりと人に警戒心を持たなくなります。

声を掛けるように育てれば声に反応もします。「おいで」と呼べば近づき、「ゲージへ」と伝えれば入るリスもいます。ただ、個体で性格も知能も千差万別なので無理強いはしないこと。性格をよく見極めて接しましょう。