柏崎のイベント情報

  • イベントが見つかりませんでした

ダイハツのエンブレムの由来

ダイハツのエンブレムは英語表記の「DAIHATSU」の頭文字である「D」を象ったものを採用しています。
元々大阪の発動機会社としてスタートを切ったダイハツの社名は、大阪の「大(ダイ)」と発動機の「発(ハツ)」を掛け合わせたことを由来としています。
頭文字の「D」を囲んでいる円は車種によってサイズが違っており、これはトヨタ車へのOEM提供の際に台座を共有するためとされています。

インコを飼うために必要な費用は?

インコを飼うためには一体いくら必要なのかをご紹介します。

便宜上、費用はセキセイインコを飼う場合の参考価格になります。

インコを飼い始める前にかかる費用

飼育ケージ 20,000円

巣箱 3,000円

エサ入れ、水入れ 1,000円

おもちゃ 2,000円

ヒーター 1,000円

餌 2,000円

プラケース 1,000円

※最初にヒナをつれてくるためのものです

――――――――――

合計 29,000円

インコを飼い始めた後にかかる費用(月単位)

餌 2,000円

おもちゃ 1,000円

――――――――――

合計 3,000円

上記を見ても分かるとおり、犬や猫を飼育するのに比べて大分安く抑えられられます。

なお、理由としては以下があげられます。

身体が小さいため食費がそこまでかからない
感染症などの予防接種というものがない

ただし、病気やけがの治療費は高額です。

地域や病院によっても異なりますが、だいたい初診料として1,000~1,500円くらい。

フンの検査が500~1,500円ほど、そ嚢液の検査が800~1,500円ほど、健康診断をするだけでも2,000~3,000円ほどの出費は覚悟しましょう。

何か病気が見つかって、さらに細かい検査が必要になったり、深刻な病気で手術や入金が必要になると、高額の料金を支払わなければならなくなります。

手術の内容にもよりますが、手術代は数万円から十万円、入院費は1日あたり2,000~5,000円ほどかかります。

三菱自動車のエンブレムの由来

現在のスリーダイヤマークは、創業時の九十九商会が船旗号に採用した三角菱マークを起源としています。
創業者は歴史に名を残す実業家・岩崎弥太郎であることは有名な話ですが、岩崎家の家紋である「三階菱」と土佐山内家の家紋である「三ツ柏」を組み合わせたものをロゴマークとして採用しています。
そしてこのマークは、社名を「三菱」と定めるきっかけになったとされています。

インコの生体の値段・価格

インコの生体の値段は種類や個体差によって大きく異なります。

セキセイインコのような小型でお手ごろなものではおよそ3,000円程度。

小型でも色合いによっては3万円以上になる固体もいます。

中型であれば1万円~12万円程度。

大型のインコともなれば30万~120万円程です。

ホンダのエンブレムの由来

そのまま「HONDA」の頭文字から「H」を採用しています。
しかし良く見ると「H」の上方が横に広がった特徴的なロゴマークをしており、これは自動車のハンドルを意味しているとされています。また、ホンダは四輪車と二輪車でロゴマークを使い分けており、二輪部門では翼をあしらったマークを採用しています。どちらも赤の英語表記で「HONDA」と表記されています。