柏崎のイベント情報

  • イベントが見つかりませんでした

キャデラック エンブレムの由来

アメリカの開拓時代、デトロイトの町を開いたフランスの探検家「アントワーヌ・ド・ラ・モス・キャデラック」。デトロイトの父として親しまれている彼に敬意を表し、 高級乗用車に彼の名前が付けられたのがネームの由来。エンブレムは、伯爵家であるキャデラックの家の紋章を基に、ヨーロッパのアーティスト、ピートモンドリアンによってアレンジされたもの。

蛇が人気!

古くから神秘的な動物とされてきた蛇。毒蛇など怖いイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、実は近年、ペットブームの中、蛇をペットとして飼う人が増えてきました。実は蛇は、犬や猫と違って鳴かないため、静かな動物です。散歩などの手間もかからないことや、餌も頻繁には食べないので餌代などもあまりかかりません。そして長生きなので、一緒に過ごす時間が長いことなど、ペットとしての魅力が多い生き物でもあります。よく見るとつぶらで可愛らしい目をしていたり、じっくりと付き合うことで飼い主になついてくれたりと可愛い一面もあり、蛇の魅力に引き付けられる人もたくさん出てきています。

フェラーリへの反発!? “猛牛”エンブレムの由来

ランボルギーニの「猛牛」のエンブレム…これは「フェラーリへの反発」が由来ではないかと言われています。

実はフェルッチオ氏の当時の愛車はフェラーリでした。愛用していたフェラーリが何度もクラッチ故障を起こすので、修理のためにフェラーリ社に部品を請求したところ、なんとランボルギーニ社のトラクターに使用しているパーツが送られてたそうです!しかもそのお値段は通常の10倍…。

クレームをつけようとフェラーリ社に問い合わせたところ全く相手にされず、フェルッチオ氏は激怒。「いつかフェラーリよりも優れた高級車を作ってやる」と心に決め、フェラーリの跳ね馬エンブレムに対抗して「猛牛」をエンブレムにしたと言われています。

一方、このエピソードは誤りで、フェルッチオ氏が牡牛座だったからという説もあるようです。

ウサギの飼い方

飼育環境

最近は、室内飼育が主流です。
庭やベランダで飼育することもできますが、暑さ・寒さ対策、脱走対策、外敵の侵入など検討することが多いためおすすめできません。
室内飼育では、ケージを置く場所、運動する場所が必要です。
床に置いてあるものやケーブルなどを齧る恐れがあるため、整理整頓を心がけます。
ケージの位置は、直射日光が当たる場所を必ず避け、部屋のドアからできるだけ離れた壁際が基本となります。
ただし、エアコンや窓の位置も考えてケージの位置を決めてあげます。

ランボルギーニ社の創設者「フェルッチオ・ランボルギーニ氏」

高級スーパーカーメーカーとして、世界中にその名をとどろかせているランボルギーニ。会社の創設者はフェルッチオ・ランボルギーニ氏です。

イタリアのレナッツォ出身のフェルッチオ氏は幼い頃から機械好きという事もあり、大学は工科大学に進学、第二次世界大戦では整備兵を務め、退役後に自動車事業へ取り組みました。